ヴァンセンヌ


ヴァンセンヌ


ヴァンセンヌVincennes)は、フランス、ヴァル=ド=マルヌ県のコミューン。南部に接するヴァンセンヌの森は、パリに属している。パリの東にある。ルヴァロワ=ペレについで、人口密度は国内第2位の高さである。ヴァンセンヌ城がある。

歴史

ヴァンセンヌの歴史は12世紀に始まる。ルイ7世がヴァンセンヌの森で大きな狩猟の催しを行い、休憩をとるための城を築くことを決めた。ルイ7世の後継者フィリップ2世は、城を拡張し壁で森を囲んで狩猟を行った。しかしヴァンセンヌが真に都市となったのは、ルイ9世の時代である。彼はヴァンセンヌの荘園で過ごすことを好み、森の中の有名なカシの木の下で重要な裁断を下した。1248年と1269年の2度行った十字軍である。フィリップ6世は荘園を要塞化し、1337年には城中央に巨大なダンジョンを築いた。シャルル5世は1373年にダンジョンを完成させた。

イングランド王ヘンリー5世が摂政とされたトロワ条約後、1420年から城をイングランド軍が接収した。1436年、パリとヴァンセンヌからイングランド軍が撤収した。のち、フランソワ1世がサント=シャペル礼拝堂を完成させた。ジュール・マザランは、1661年に亡くなるまで10年以上、ヴァンセンヌとその城のためにいくつもの計画を構想した。マザランの死後、ルイ14世は宮廷をヴェルサイユへ移した。

17世紀終わりのヴァンセンヌは、王の出発によって逆説的な事態となった。農民がヴァンセンヌに定住したのである。1740年、ルイ15世の寵姫であったポンパドゥール夫人が後援して、ヴァンセンヌ焼の工房がつくられた。工房は1754年にセーヴルへ移った。

1929年、ヴァンセンヌの森をパリへ割譲したため、ヴァンセンヌの面積は以前の半分となった。

姉妹都市

  • de:Castrop-Rauxel、ドイツ
  • ランベス区、イギリス
  • モンティニー=ル=ティユール、ベルギー
  • トマール、ポルトガル
  • Vicennes、アメリカ合衆国

関係者

出身者
  • ルイ1世・ダンジュー:王侯貴族
  • アンヌ・ジュヌヴィエーヴ・ド・ブルボン=コンデ:王侯貴族(コンデ公)
  • ウィリアム・リュプチャンスキー:撮影監督
  • ピエール・メスメル:政治家
  • ギュスターヴ・エミール・ボアソナード:法学者
居住その他ゆかりある人物
  • ヘンリー5世 (イングランド王):百年戦争期にヴァンセンヌ城で死去

外部リンク

  • 公式サイト

Turnbull & Asser


Text submitted to CC-BY-SA license. Source: ヴァンセンヌ by Wikipedia (Historical)


Langue des articles



Quelques articles à proximité