メゾン=アルフォール


メゾン=アルフォール


メゾン=アルフォールMaisons-Alfort)は、フランス、イル=ド=フランス地域圏、ヴァル=ド=マルヌ県のコミューン。パリ郊外の南東約3キロメートルのところにある。マルヌ川の南岸に位置する。北をA4、南をA86といった主要道が通るため、イル=ド=フランス内の移動が非常にしやすい。

交通

  • 鉄道 - RER D線メゾン=アルフォール=アルフォールヴィル駅、ル=ヴェール・ド・メゾン駅。パリメトロ8号線メゾン=アルフォール駅。
  • ヴォゲオ

由来

地名はマルヌ川とセーヌ川の合流地点に最初に住んだ人々と事実上つながりがあり、時を経て変わっていった。コミューンの名であるメゾンは複数形であるles Maisonsの一部であり、これはかつてのローマ街道沿いにあった休憩所、mansioに由来する。Alfortとは、コミューンの中にあった村Harefortが原型である。このHarefortとは、ヘリフォード(英語でHareford)司教ピーター・オブ・エグブランチがこの地に所領を持っていたことにちなむ。HarefortとはHarefordのフランス語形である。時がたつにつれ名前は変化し、1612年にはHallefortとなり18世紀以降Alfortとなった。

歴史

1994年、メゾン=アルフォールで旧石器時代、新石器時代の遺物の出土が見られた。マルヌ川右岸一帯では、墓地や巨石記念物が見つかっている。

988年の憲章の中で、Mansionesという名の村の記述が見られる。この憲章では、ユーグ・カペーがマンシオネスの土地をサン=モール=デ=フォッセの修道院へ寄進する内容が書かれていた。これにより4年後の992年、ローマ教皇ヨハネス15世はecclesium Mansionibusという教会を建てた。

シャラントンの橋に近いメゾン=アルフォールは、百年戦争、ユグノー戦争で戦場となった。この時代のメゾン=アルフォール住民の暮らしについてははっきりとわかっていない。

1814年3月、アルフォール獣医学校(fr。ルイ15世時代につくられた世界最古の獣医学校。現在はフランス農業省管轄の高等教育機関)がメゾン=アルフォールの軍事キャンプ内へ移転した。半ば軍人としての教育も受けていた学生たちは、敵がシャラントン橋を狙えばその防衛に駆り出されていた。

1885年4月、メゾン=アルフォールの面積約4割を占める部分が分離され、アルフォールヴィルとなった。

1988年6月27日夕方に発生した、パリのリヨン駅での列車衝突事故は死者56人、負傷者57人を出す惨事となった。メゾン=アルフォールを経由してムランとの間を走る通勤列車と衝突したため、電車の運転手を含む大勢の犠牲者がメゾン=アルフォールの住民であった。

みどころ

  • シャラントン砦 - アドルフ・ティエールの首都防衛構想に添って1842年に作られた。現在はフランス国家憲兵隊が管理。
  • フラゴナール博物館 - 獣医学校に併設されている。動物の剥製などを展示。
  • サン=レミ教会 - 教区教会。

メゾン=アルフォールは、一般に開放されている緑地が34ヘクタールある。歩行者道がマルヌ川沿い4kmにわたって続く。メゾン=アルフォールは、2006年度の花のまちコンクールで花4つを獲得している。

姉妹都市

  • メールス、ドイツ

メゾン=アルフォール


Langue des articles



Quelques articles à proximité