シャン=シュル=マルヌ


シャン=シュル=マルヌ


シャン=シュル=マルヌChamps-sur-Marne)は、フランス、イル=ド=フランス地域圏、セーヌ=エ=マルヌ県のコミューン。

中規模都市で、実際にコミューン面積の約50%が緑地と水辺という、快適な環境を保っている。17世紀から18世紀にかけ再建されたシャン=シュル=マルヌ城には、かつてポンパドゥール夫人が暮らしていた。

地理

パリから約20km離れている。

グラース森やグランジュ森といった森林、マルヌ川沿いの田園、シャン=シュル=マルヌ城庭園がコミューンを快適にしている。加えて、多くの池が点在する。

交通

  • 道路 - A4の10インターチェンジ。パリ、ポルト・ド・ベルシーより約20分。
  • 鉄道 - RER A線ノワジー=シャン駅

歴史

Champsとは、聖モールおよび聖フュルシーが7世紀に建てたCampus教会の名に由来する。11世紀から12世紀、マルヌー村からの移住者がこの地に移り住み、シャン教区が誕生した。

1726年、ルイ15世がノワジー=ル=グランやシャン=シュル=マルヌを含む男爵領を所有した。城の庭園を整備したのは彼の息子である。

1755年、城はヴァリエール公爵の所有となった。1892年、銀行家ダンヴェールが城を購入し建物と庭園を再建した。1935年、ダンヴェール家は城と庭園をフランス政府に売却した。

1965年のマルヌ=ラ=ヴァレ創設後、シャン=シュル=マルヌの人口も増加した。

人口統計

姉妹都市

  • クアル・ダ・ポブレー、スペイン
  • ブラッドリー・ストーク、イギリス

脚注


シャン=シュル=マルヌ


Langue des articles



Quelques articles à proximité