Article

アテネウム美術館


アテネウム美術館


アテネウム美術館(アテネウムびじゅつかん、Ateneum Art Museum)は、フィンランドのヘルシンキにあるフィンランド国立の美術館。

沿革・概要

ヘルシンキ現代美術館やシネブリュコフ美術館とともにフィンランドを代表する美術館の一つで、建築家テオドル・ホイエルにより設計され1887年に完成した。国定文化遺産建築としてヘルシンキ市の中心部に位置している。

所蔵美術品

1750年代から1960年代以降のフィンランド作家を中心に扱っている。著名なものに、ヒューゴ・シンベリの「傷ついた天使」やヘレン・シャルフベックの「快復期」のような国民的作品がある。ゴッホの「オーヴェル=シュル=オワーズの通り」やポール・セザンヌの「エスタックの道路橋」などのフランス近代美術も所蔵している。

関連事項

  • ヘルシンキ現代美術館
  • シネブリュコフ美術館

周辺

  • ヘルシンキ中央駅
  • クルーヌンハーン中学校

脚注

外部リンク

  • 神奈川県立近代美術館 葉山 フィンランド国立アテネウム美術館とは

アテネウム美術館


Langue des articles



Quelques articles à proximité