Article

フィンランディア・ホール


フィンランディア・ホール


フィンランディア・ホール(フィンランド語: Finlandia-talo)はフィンランドのヘルシンキにある芸術施設。

概要

1971年12月2日に完成。設計者同国を代表する建築家アルヴァ・アールトが行った。

大ホールは1700席収容で、オーケストラの演奏会などが中心である。ほかにヘルシンキホール(340席)、テラスホール(250)、エリッサホール(130)、会議室のオーロラホール(最大894人)、ベランダ(最大1700人)、レストランなどがある。

芸術監督

  • Bengt Broms 1971–1982
  • Carl Öhman 1982–1988
  • Matti Kivinen 1988–2000
  • Auni Palo 2000–2011
  • Johanna Tolonen 2012–

脚注


外部リンク

  • Alvar Aallon keskustasuunnitelma ja Finlandia-talo
  • Finlandia-talon virallinen sivusto
  • Finlandia-talon avajaiset 1971 YLEn elävässä arkistossa
  • Finlandia talon paras liikevaihdon tulos
  • Finlandia-talo valaistiin Ranskan lipun värein
  • Finlandia-talon ympäristö serfikaatti
  • Sijainti kartalla
  • Visit Helsinki, Finlandia-talo

フィンランディア・ホール


Langue des articles



Quelques articles à proximité