プロムナード・プランテ


プロムナード・プランテ




プロムナード・プランテ(Promenade plantée、植物のある散歩道)またはクレ・ベルト・ルネ=デュモン(Coulée verte René-Dumont)は、パリ12区にあるバスティーユ広場からパリ12区の区役所経由でブルヴァール・ペリフェリックにつながる緑地である。

レイアウト

プロムナード・プランテは、バスティーユ広場から12区の区役所を通ってブルヴァール・ペリフェリックのポルト・ドゥ・モントンポワーヴルまで行く。現在のオペラ・バスティーユの位置にあったかつてのバスティーユ駅とラヴァレンヌ・サンモールを結ぶヴァンセンヌ線の古い鉄道路線のルートを4.7キロ進む。4つの庭園があり、庭園の総面積は3.3ヘクタールである。

プロムナードの内、ディアゴナル通りからルイイ - ポール・ペルナン庭園までは芸術の高架橋である。次に、大通りと平行に、ルイリー駅まで地上を進み、隣接する通りの下にある古いSNCFの掘割を通ってシャルル・ペギー広場とポルト・ドゥ・モントンポワーヴルに達する。

このプロムナードは1993年に完成した。ランドスケープデザイナーのジャックバージリーと建築家のフィリップマシューによって作られ、歩行者とサイクリストの両方がグランドレベルで楽しむことができる庭園を、提供している。パセオの上部には、近代的な建物に囲まれたセクションや、より開放的なセクションがある。

参考文献

  • Furlani Pedoja, Anna, La Promenade plantée - Una ferrovia parigina trasformata in giardino, Architettura del Paesaggio, n. 4, 2000, pagg. 25–29, ISSN 1125-0259


Text submitted to CC-BY-SA license. Source: プロムナード・プランテ by Wikipedia (Historical)


Langue des articles



PEUGEOT 504

Quelques articles à proximité