アルシュヴェシェ橋


アルシュヴェシェ橋


アルシュヴェシェ橋(仏 : Pont de l'Archevêché)は、フランスのパリ、セーヌ川に架かる橋である。4区のシテ島と5区のモンテベロ河岸とトゥルネル河岸を結んでいる。1828年に架けられた。

アルシュヴェシェ橋はパリでもっとも狭い橋である。3連からなる石造アーチ橋でそれぞれスパン長は15、17、15mとなっている。航路の邪魔になるので1910年に架け替えの決定がなされたもののまだ架け替えられていない。

交通

  • メトロ10号線 モベール-ミュテュアリテ駅Maubert - Mutualité下車

隣の橋

(上流)シュリー橋―トゥルネル橋―アルシュヴェシェ橋―ドゥブル橋―プティ・ポン(下流)


Text submitted to CC-BY-SA license. Source: アルシュヴェシェ橋 by Wikipedia (Historical)


Langue des articles



ghbass

Quelques articles à proximité